人気ブログランキング |
官製ワーキングプア
c0079387_01435.jpg



新聞に書いてたのでね…
中国新聞ニュース 非正規職員の昇給見送る 東京・港区、国と都の指摘受け
'08/1/24
 全国に約四十万人いるとされ平均年収が二百万円以下で「官製ワーキングプア(働く貧困層)」といわれる非正規職員の待遇改善に向け、勤続年数に応じた昇給制度創設を予定していた東京都港区が、四月からの導入を見送ったことが二十四日分かった。総務省と都から「非正規職員の継続雇用を認めていない地方公務員法に抵触する可能性」を指摘されたため。

 自治体の非正規職員は、昇給がない一年程度の短期雇用が建前。だが、近年は行財政改革で削減された正職員の不足を補う形で複数年にわたり働く人が増え、中には勤続が二十年を超す例もある。今回の港区のケースなどを受け、自治体関係者を中心に「実態に合わなくなった」制度の見直しを求める声が高まりそうだ。

 港区は、職員約二千八百人のうち約三百人が保育士、図書館事務などの非正規職員で、例えば、保育士の月給は勤続年に関係なく一律約二十三万円。このため区は「せっかく経験を積んでも意欲を高めにくい」と判断し、非正規職員の給料を職種ごとに数段階に分け、二~三年間勤め能力の向上が認められれば昇給させる制度の創設を昨年から検討してきた。

 ところが昨年三月、荒川区が同様に非正規職員の昇給制度の導入方針を決めた後、総務省が都に「地公法で想定されていない非正規職員の継続雇用を前提とした制度ではないか」と指摘。他区にも導入計画があることを把握した都は十月、特別区の人事担当課長会合で、総務省の指摘を踏まえ文書で注意喚起した。

 その後、荒川区は「職能に基づくもので継続雇用は前提にしていない」と説明し認められたが、港区は十一月に再び都から口頭で違法性を問われ、今春の導入を断念した。港区は「指摘を受け、制度案の見直しが必要と判断した。引き続き検討したい」としている。


↑は東京だからまだ高いのね。
自治体の
非正規職員ですが、
平均年収は約166万円
(自治労2005年調査)

だそうです。
(新聞に書いてました。ご要望により大きくしたワン♪)

でやっぱり、兼業不可みたいですね。
(兼業不可なら、それで生活成り立つようにしなくては?と思うのだけどね…)

まあ、別に仕事が本当に補助的なのならと思うのですが
例えば
わが町ですが
アルバイト保育士 日給7000円足らず
アルバイト保健師日給7000円あまりなのね。
(臨時職員になってもそんなに変わらないと思います。で、もちろん条件として免許いります。日給は100の位を四捨五入するとという感じです。)

で、おまけに、それでもお金がないということで、
保育所とか給食調理とか図書館とかは、民間で運営をとか言っています。
(ということは、もし、続けて仕事をと言っても、その臨時のときより条件は厳しくなるかと…)

逆に、東京では、臨時で優秀な人たちが、民間に行ってしまうからこんな話がでてくるのかな?なんて思ったり…

しかし、総務省に対して、
出すもん出さずに置いといて(金があれば正規雇いにするわい!)
けちはすぐにつけるんだから!
って、私なら思うなあと…


c0079387_0101721.jpg

(竹酒でも飲まねえとやってらんねえよ~!)


今日は(もう昨日か)
マロンもマロンママもマロンパパも散々な一日でした。
by maron415 | 2008-01-26 00:17 | ニュース 新聞より
<< 夕焼けわんわん♪ さっそくしました。 >>