人気ブログランキング |
いったい、何考えてんだ!
NIKKEI NET:政治 ニュース 久間防衛相、米国の「原爆投下しょうがない」

そもそも、日本がさっさと負けを認めなかったのと
米も実際に使ってみたかったのだろうと
認識していたのですが

仮定の話だから、どうなってたかはわからないし、
北海道と長崎、広島を比べられるものでもないし、
そもそも「しょうがない」ですまされるものなのかい!

本当に「いったい何考えてんだ!」

詳しく書いてあったブログがあったので…
http://notonlyyoutube.blog105.fc2.com/blog-entry-32.html

<全然関係のない話>
「だってしょうがないじゃない~♪」を思い出してしまったので…
YouTube - 和田アキ子/ だってしょうがないじゃない
政治家が使う言葉じゃないよね…

つけたし
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <久間防衛相>原爆の発言を問題視しない姿勢…安倍首相
6月30日23時23分配信 毎日新聞
 安倍首相は30日、記者会見で久間氏の原爆投下に関する発言について「詳しいことは聞いていないが、米国の考え方について紹介したと承知している」と述べ、問題視しない姿勢を示した。同時に「いずれにしても核廃絶が日本の使命。国連でも指導的な役割をしている」と強調した。





久間防衛相、米国の「原爆投下しょうがない」

 久間章生防衛相は30日、千葉県柏市の麗沢大で講演し、先の大戦での米国の原爆投下について「長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない」と述べた。野党や被爆地からの批判は避けられない見通しで、参院選に影響する可能性も出てきた。安倍政権は新たな火種を抱えることになった。

 久間氏は講演で、旧ソ連が当時、対日参戦の準備を進めていたと指摘。その上で米国が旧ソ連の参戦を食い止めるため原爆を投下した側面があるとの見方を示し「日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とし、終戦になった。幸い北海道が占領されずに済んだが、間違うと北海道がソ連に取られてしまった」と強調した。

 また「勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけない」と述べた。〔共同〕(14:02)

by maron415 | 2007-06-30 18:30 | ニュース 新聞より
<< 今日のマロン~ ♪きゅうり娘だよ♪ マロン&マロン&マロンよ♪ >>