3人の「千の風」?
「まあぴょ」さんのサイト(マイリンク見てね)で「千の風」を知って
いい詩だなあと思って
いろいろ調べていたら
3人の人の「千の風」があるみたいで???と思ったんですが

詩の内容は

私は死んだけれど、千の風になってあらゆるものに姿を変えて存在し続けている。だから、泣かないでというような内容です。

もともとの英語詩は誰が書いたかわからないらしく
既に、表記の仕方が微妙に違うのがいろいろあるらしく、
どれが正しいかはわからないらしい。

で、
まず、南風椎さん、訳したみたい。

「あとに残された人へ1000の風」 南風椎/訳
出版社名 三五館  出版年月 1995年6月
この人がどういう経緯で訳したかは不明のままです。

次、、鎌 章二郎さん
文芸春秋の河合隼雄の文章で初めて知り、日本訳もあるというので図書館で取り寄せたところ、あまりにも直訳的なので訳したものらしい。
1997年5月28日 訳した。
1999年夏、サイトに公開。
本出版
「千の風」 著者名 :A thousand winds foundation編集
出版社:東京 A thousand winds foundation 出版年月:2004.2
入手するには、出版社へ直接注文するみたい。

そして、新井満さん
「千の風になって」  著者/訳者名 新井満/日本語詩
出版社名 講談社  発行年月 2003年11月
知人の追悼文集より知り、それは、南風椎さんのだって、自分が翻訳したらと思ったそうである。

どうも最初に訳していたのは南風椎さんみたい。
自分なりにと訳してサイトに公開したのが鎌 章二郎さん
そして後本にした?
大々的にメジャーの力で有名にさしたのが新井満
みたいです。

こういう風に批評している方もいます。
千の風になって|Excite エキサイト ブックス (文学・本・読書)
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4062121247/

3人の訳し方がどんなのかというのは
以下のサイトをご覧ください。

南風椎さん
http://www.forleslielovers.net/memory/winds.html

鎌 章二郎さん
http://1000winds.com/meme/corab2.htm
http://1000winds.com/(まあぴょさんのサイトにあるのはこれです。)

新井満さん
http://www.twin.ne.jp/~m_nacht/1000wind/1000wind.html

マロンママの勝手な感想
確かに南風椎さんのは、直訳すぎるし、
新井満さんのは、原詩とくらべるとかけ離れていますね。それに、あまりにも有名すぎるし…

もしかしたらどこかで4人目の訳者がいたりして…
[PR]
by maron415 | 2006-10-08 23:24 | 「千の風」のお話
<< 文章で伝えるということ おいものためなら… >>