カテゴリ:天使ママ お産 関連( 49 )
Uo・ェ-oU/^☆ イヤ~ン♪
c0079387_10374440.jpg


More
[PR]
by maron415 | 2008-10-30 11:15 | 天使ママ お産 関連
お(・ェ・oU や(・ェ-oU す(-ェ・oU み(-ェ-oU 。o○Zzz
c0079387_10333187.jpg


以下別な話

More
[PR]
by maron415 | 2008-10-29 11:08 | 天使ママ お産 関連
オイヌサマノ (/_-)/ (U・x・U) \(-_\) オナ~リ~
ワンコ族は安産らしいね、
あなたの種類なんか、一度に十匹産まれるらしいね。
c0079387_14564565.jpg


マロンより


More
[PR]
by maron415 | 2008-10-28 16:05 | 天使ママ お産 関連
「飛び込み出産」について
急増する「飛び込み出産」 ニュース 医療と介護 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
(2007年9月18日 読売新聞)
妊婦健診受けず、受け入れ拒否の一因に
 陣痛や腹痛を覚えて初めて救急車を呼んで医療機関に駆け込み、いわゆる「飛び込み」で出産する事例が増えている。

 その多くが、妊婦健診を一度も受けたことのない「未受診妊婦」という。各地で救急搬送中の未受診妊婦が受け入れを拒否されるケースが相次いでおり、専門家は「赤ちゃんと自分の健康のためにも、妊婦健診を受けて」と呼びかけている。


Yahoo!ニュース - 時事通信 - 未受診で出産、高いリスク=子の死亡18倍、未熟児4倍-日本医科大分析
9月15日15時0分配信 時事通信
 妊婦検診を受けずに出産した場合、子の死亡率が通常の約18倍に上るなど非常にリスクが高いことが15日までに、日本医科大多摩永山病院の分析で分かった。
 救急搬送先が決まらず死産した奈良県橿原市の妊婦も、検診を受けておらず、この問題が注目されていた。中井章人教授は「検診の重要性を再認識させる結果だ。母子保健に関してさらなる啓発が必要」としている。
 同教授らは、妊婦検診を受けずに同病院に救急搬送されるなどした出産例を詳しく調べた。1997年1月から2006年1月までの9年間に34例あり、最年少15歳、最年長44歳。24歳以下の低年齢層が多く、24人が未入籍だった。
 このうち、死産と生後間もない死亡が各2例で、子の死亡は4人(12%)。妊娠22週から生後1週までの「周産期死亡率」は、全国平均の17.6倍だった。
 2500グラム以下の低出生体重児は12例(35%)で、約4倍の頻度だった。10例(30%)が、新生児集中治療室(NICU)への入院を要した。

未受診だから予防していなかったということと、
未受診ということは、経済的にもすごく余裕がないということだから、母体の健康もよくないのだろうなと…

今頃になって?というのもあるのですが、
マスコミとしては、個人攻撃みたいにすると、
ともすれば命とりになるし、医療関係つつくほうがスクープになる!と思っているようで…
奈良の妊婦さんの事件も、
何日か前に胎児の心臓は止まっていたということは、
わかってたみたいですが、あえて言わなかった(または、よくわからなかった。)ようで…
(たぶん、すぐ死産と発表されたのでそうだと思います。
だいたいは、胎動がないとかで、妊婦がおかしいと思って、病院にいって気がつくかと…)

政府のほうも、そのことについては触れずじまいだったと思います。
(知らなかったか、わざとかはわかりません。
まあ、奈良県じたいに問題あるとは思いますが…
今まで、大阪府に頼っていたということでね。)


参考までに
「飛び込み出産」 - 時代を読む新語辞典 - ビジネスABC

この方のブログより記事を知りました。
天漢日乗 産科崩壊 「飛び込み出産」を日経BP「時代を読む新語辞典」が取り上げる@9-18→産科未受診妊婦の新生児死亡率は通常の18倍
[PR]
by maron415 | 2007-09-20 15:19 | 天使ママ お産 関連
社説くらべ(奈良の妊婦さんの記事について)
奈良の妊婦さんの記事ありますね。
そう、ちょうど皆既月食の満月の夜だったんだなあと…
(ということは、お産ラッシュの日かと…)

いろいろ書かれていますが、
その、まず思ったのは、
どうして、病院行っていないのかな?ですね。
(だから、流産?死産?と混乱してましたが…)
デレビを見てて、そのことに触れてた人がいましたが、局側としては、触れてはいけないことみたいで、あわてて、話をやめさせるような感じでしたね。
今日も言ってた人いたけどコマーシャルに(笑)
その人自身の事は、いろいろ事情があるのかと思いますから、個人攻撃になってはいけないとは思いますが、
お産は何が起きるかわからないのだから、妊娠がわかったらきちんと病院へ行くことは、マスコミとして、言うべきじゃないかとね。

それと、奈良の今の実態というのを、言うべきかと…
病院としても限界なんだということを…
それと、タライ回しという言い方もね。
病院の方が、医師の方が怠慢して、断わったのではないということ、断わらずを得なかった現実というのを、伝えてほしいなあと…
病院をせめて、良くなるならいいけれど、そこをせめればせめるほど逆効果になるのにね。
結局、奈良県で対処できないからかなあとも思ったり…

【主張】妊婦たらい回し また義務忘れた医師たち|主張|論説|Sankei WEB
それにしても、痛みをこらえる患者をたらい回しにする行為は許されない。理由は「手術中」「ベッドがない」といろいろあるだろうが、患者を救うのが医師や病院の義務である。それを忘れてはならない。

産経は「社説」じゃなくて「主張」だそうで、
しかし、ここまで、現状を把握していない主張もないよね…
手術しながら見ろってか?
千手観音でも聖徳太子でもないのだから、無理だと思いますが…
で、この「主張」によって、信用ならん新聞だと思ってしまいます。

asahi.com:朝日新聞社説 奈良の死産―救急網に穴が多すぎる
なぜこんなことになったのか。奈良県は調査するというが、きちんと究明し、その教訓を今後に生かしてもらいたい。

 今回の経過はまだはっきりしない点もあるが、問題点の一つは、搬送先を探すシステムに穴があったのではないか、ということだ。

だれかが、言っていましたが、確かに他人事だなあと(笑)
搬送先そのものが、不足しているまたはない状態なのになあと…

妊婦たらい回し 一刻も早い産科救急の整備を 社説・コラム YOMIURI ONLINE(読売新聞)
宿直医が診察中などという理由で要請を3回断られた。

 しかし、空きベッドはあった。なぜ受け入れられなかったのか。窓口の職員と医師が十分に意思疎通できていたのかどうか。仮に医大病院が無理だったとしても、消防と協力して、別の受け入れ先を探すことができたのではないか。

空きベッドがあっても、医師があいていないなら診察できないじゃん。
それだけ、医師が忙しかったということなのにね。
別の受け入れ先…奈良に今あるのかな?

東京新聞搬送妊婦死産 安心して出産したい社説・コラム(TOKYO Web)
 産科医師不足の原因でまず挙げられるのは、宿直に日勤が続くこともある勤務医の過酷な労働実態だ。また医療過誤訴訟で当事者になりやすい面もある。その割に待遇は恵まれていない。これらは小児科、麻酔科にも共通している。勤務医不足による救急患者への対応不備が、端的に表れたのが今回の事故である。

こう書いていたのはココだけだったのかな?

マスコミは真実を語っているのではない。
だれかが都合いいようにしか語っていない

ですね…

参考までに
勤務医 開業つれづれ日記
天漢日乗
[PR]
by maron415 | 2007-09-01 10:33 | 天使ママ お産 関連
不幸せって?
とある本で、「不幸な子どもの生まれない対策」という施策が昔あったということを知りました。
で、検索くんしていて遭遇しました。

シリーズ・戦後60年・人権の居場所<5>苦悩 「不幸な子」って、誰だ(西日本新聞)

この、兵庫県の「不幸な子の生まれない運動」は、
以前にも何かで読んで知り、
県をあげて対策していたということにびっくりしたものです。
(暗にか明にか知りませんが、国の対策もそうかと…)
今は、「親御さんの判断にまかせる。」ということで逃げている?

ちょうど、この60年代の後半から70年代にかけての頃、
胎児の段階で異常を発見する出生前診断が登場したらしいです。
で、産科医の多くも、そういう命は早めにわかって…の人が多く、
(早めにわかって、胎児治療するとか、生まれてからの手立てを考えるのではなくてね。)

世間の多くの人も、
障害者=親も子も不幸になる。
経済的にも、精神的にも苦労する。
社会にとってもお荷物な存在になる。

今の社会の状態とか考えると、
産むのをやめるのを選択してもそれは、当事者以外がとやかく言えることではないと思います。
でも、いろいろ悩んで、考えて、
産むことを選択した人たちに対して、
「産むのは親のエゴ、勝手」っていう人に対しては、
「産まないのを選択する方が親の勝手」じゃないかと思います。

逆もね。
(産むのをやめた人に対してあーだこーだということもね。)

で、美しい日本としてははどっち向いているのかな。
美しい日本として、すべての命を尊重するほう?
いや、ふさわしくないとして、選別するほう?

「五体満足」に産まれてきてほしいって言いますね。
五体満足で知的な障害もない子供を欲しがる親の願望を「パーフェクトベビー願望」と呼称するそうです。
当たり前と言えば、当たり前の親の感情だなあと思いつつ、
それが、命の選別につながっていく…
「ブラックジャックによろしく」の3,4巻あたりにこの話がでているらしいのですが、
だれか知りません?

最後に、週刊誌を立ち読みして知りました。
読売新聞 2006年12月7日より

私自身、
「タル」のことがもっと早くにわかっていれば、
と考えたことがあります。
でも、考えてもわからないという結論しかでませんでした。
結局、わからないままです…

命に不幸な命も幸福な命もあるのかな?
そこに存在するだけで、生きているだけでいいじゃん
とか、思うのだけれど、
大変な現状を考えるとわからなくなるのです。
で、結局わからないまま、おいとくのです…

こんな記事
[PR]
by maron415 | 2007-03-17 16:20 | 天使ママ お産 関連
お産のニュースより
「医療ルネサンス 医療 医療と介護 YOMIURI ONLINE(読売新聞)」より

お産は今

正常分娩 助産師が担当 (2007年2月23日)
産婦人科で新生児治療 (2007年2月22日)
他科と迅速な連携治療 (2007年2月21日)
母子 命がけ変わらず (2007年2月20日)
産婦人科医が足りない! (2007年2月19日)


「asahi.com:朝日新聞 「いま、お産の場は」 ―ニュース特集―」より

出生前診断の新しい指針案を公表 日本産科婦人科学会
厚労相、文書回答に消極的 「赤ちゃんポスト」巡る見解
[PR]
by maron415 | 2007-03-06 23:52 | 天使ママ お産 関連
「忘れられない小さな命part2 ~寄せられた声から~」
(感想はこの下ね。)
「忘れられない小さな命part2 ~寄せられた声から~」

NHK教育テレビ
放送予定日 : 2月21日(水)午後8時~8時29分 
(再放送は 2月28日(水)午後1時20分~1時49分)

去年11月に福祉ネットワークで放送した「忘れられない小さないのち」。死産でこどもを亡くした母親の思いを伝えた番組に、多くの反響の声が寄せられた。その声から、悲しみを口にすることができず苦しみ続けている母親たちの存在が、改めて浮き彫りになった。今回の番組では、メールを寄せてくれた方々をVTRで取材。母親だけでなく、夫や家族の思いなど、さまざまな視点から“誕生死”の問題について考えていく。

「福祉ネットワーク」より


感想です…
[PR]
by maron415 | 2007-02-21 23:11 | 天使ママ お産 関連
「奇跡のベビー」のニュース
今日はこのニュースにびっくりしました。
カソルラさんところとモアイママさんところで知りました。
赤ちゃんがこの世へ生まれてきたことを祝福し、これからの幸を祈ります。
記録としてだけ書いておこうと思います。

身長10センチ未満の世界最小の超未熟児、順調に成育 - 米国 AFP BB Newsより
身長10センチ未満の世界最小の超未熟児、順調に成育 - 米国

【マイアミ/米国 20日 AFP】
マイアミ(Miami)の病院で、21週6日の早産で生まれた世界最少の超未熟児が、新生児集中治療室で順調に成育、誕生から4か月後、20日に退院する運びとなった。
 この超未熟児はアミリア・テイラー(Amillia Taylor)ちゃん。マイアミのバプティスト小児病院によると、母親のソーニャ・テイラー(Sonja Taylor)さんへの早産防止処置が失敗。急きょ帝王切開に切り替えられ、アミリアちゃんは2006年10月24日に産まれた。誕生時には、体重280グラム、身長はボールペンよりやや長い9.5センチしかなかったという。
 誕生直後のアミリアちゃんは、人工呼吸器の力を借りなくとも自発呼吸があり、産声をあげようとする動きも数回みられたという。
 母親のソーニャさんは「この子がこんなに良く育ってくれるとは、出産直後には思いもしなかったけど、今では普通の赤ちゃんらしくなってきた」と喜びを語った。
 アイオワ大学(University of Iowa)によると、23週以下の超未熟児の生存例はなく、アミリアちゃんは世界最少記録になるという。
 しかしソーニャさんは、現在、1800グラムのアミリアちゃんも、「十分に、ふくよかな赤ちゃん」と嬉しげだ。
 同病院の新生児担当医師、ウィリアム・スモーリング(William Smalling)さんによると、誕生時、頭部裂傷があったアミリアちゃんだが、傷はすぐに治り、今では両親の世話のもと、自宅で暮らせるまでに順調に成育したという。
 スモーリング医師にとって、アミリアちゃんは正に「奇跡のベビー」だ。
 アミリアちゃんの治療について、同医師は「地図のない航海」のようだったと語る。「こんなに小さな新生児の『正常』な血圧値なんて、誰も知らないんだからね」
 また、米国小児科学会(American Association of Pediatrics)が、一般的に23週以下で400グラム未満の新生児には生存能力がないとの見解を発表していることについて、スモーリング医師は
「アミリアの例を考慮して、未熟児の生存能力基準を再度見直す必要がある」との考えを示した。
 「時を経て、医療技術はアミリアのような超未熟児を救えるほどに目覚ましい発展を遂げた。10年前には生存不可能だった未熟児も、今なら我々の手で救うことができる」


超早産女児の退院が延期、「用心のため見守る」 - 米国 AFP BB Newsより
超早産女児の退院が延期、「用心のため見守る」 - 米国

【マイアミ/米国 21日 AFP】
史上最も未熟な状態で出生し、先ごろ退院する予定だった新生児が、用心のために数日間、病院にとどまることになった。入院先のマイアミ(Miami)の病院が20日、医師の決定変更について発表した。新生児は21週6日間で誕生した女児で、前年10月24日の出生時の体重はわずか280グラム。身長は24センチメートルで産まれ、ほとんどボールペン大に過ぎなかったという。

他のニュースでこうも書いていました。
アミリアちゃんの成長は、病院も「奇跡」と呼ぶほどで、病院はあくまで例外的な事例だと強調。「多くのことがうまくいった場合にあり得るだけで、新たな(医学的)傾向を確立したとは考えないでほしい」とくぎを刺している。

[PR]
by maron415 | 2007-02-21 23:04 | 天使ママ お産 関連
"忘れられない 小さな命"続編
以前ここで紹介していた番組ですが、

ハートをつなごう ハートネット - ハートネットピープル - 流産や死産などを経験した母親たちの手記(プロフィール)
として、その番組内容が 紹介されていました。

「誕生死」という言葉に込められた思い
「誕生死」という言葉に込められた思い」〈2〉

とあります。

臨床心理士・玉井真理子さんのコメントです。
「思い出が少ない、ということは心の傷が浅くて済むと思う人もいるかもしれませんが、実は逆で、あるお母さんは『思い出が少ないからこそつらい』、と語っています。周りの人は悪気があるわけではなく、むしろ早く立ち直って欲しいという気持ちから、良かれと思って、『早く忘れなさい』『時間が解決してくれるから』と声をかけますが、かえってお母さんたちは深く傷つくこともあります」


誕生死って?
~お空に逝った小さないのち~
「誕生死」 とは
流産・死産・新生児死などを指し、
たとえおなかの中で亡くなったいのちでも、
出生後どんなに早く亡くなったいのちでも、
私たちの子どもは、確かにこの世に誕生したのだという思いを込めた、
この本のために新しく作られた造語です。
(出版社のほうで登録申請中)


で、今回
昨年11月16日に放映の「福祉ネットワーク」"忘れられない 小さな命"に届いたメールやお手紙を元にして、続編の放映が決定しました。

放送予定日 : 2月21日(水)午後8時~8時29分 NHK教育テレビ
(再放送は 2月28日(水)午後1時20分~1時49分)
です。よろしかったらご覧ください。
[PR]
by maron415 | 2007-02-19 11:09 | 天使ママ お産 関連