「飛び込み出産」について
急増する「飛び込み出産」 ニュース 医療と介護 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
(2007年9月18日 読売新聞)
妊婦健診受けず、受け入れ拒否の一因に
 陣痛や腹痛を覚えて初めて救急車を呼んで医療機関に駆け込み、いわゆる「飛び込み」で出産する事例が増えている。

 その多くが、妊婦健診を一度も受けたことのない「未受診妊婦」という。各地で救急搬送中の未受診妊婦が受け入れを拒否されるケースが相次いでおり、専門家は「赤ちゃんと自分の健康のためにも、妊婦健診を受けて」と呼びかけている。


Yahoo!ニュース - 時事通信 - 未受診で出産、高いリスク=子の死亡18倍、未熟児4倍-日本医科大分析
9月15日15時0分配信 時事通信
 妊婦検診を受けずに出産した場合、子の死亡率が通常の約18倍に上るなど非常にリスクが高いことが15日までに、日本医科大多摩永山病院の分析で分かった。
 救急搬送先が決まらず死産した奈良県橿原市の妊婦も、検診を受けておらず、この問題が注目されていた。中井章人教授は「検診の重要性を再認識させる結果だ。母子保健に関してさらなる啓発が必要」としている。
 同教授らは、妊婦検診を受けずに同病院に救急搬送されるなどした出産例を詳しく調べた。1997年1月から2006年1月までの9年間に34例あり、最年少15歳、最年長44歳。24歳以下の低年齢層が多く、24人が未入籍だった。
 このうち、死産と生後間もない死亡が各2例で、子の死亡は4人(12%)。妊娠22週から生後1週までの「周産期死亡率」は、全国平均の17.6倍だった。
 2500グラム以下の低出生体重児は12例(35%)で、約4倍の頻度だった。10例(30%)が、新生児集中治療室(NICU)への入院を要した。

未受診だから予防していなかったということと、
未受診ということは、経済的にもすごく余裕がないということだから、母体の健康もよくないのだろうなと…

今頃になって?というのもあるのですが、
マスコミとしては、個人攻撃みたいにすると、
ともすれば命とりになるし、医療関係つつくほうがスクープになる!と思っているようで…
奈良の妊婦さんの事件も、
何日か前に胎児の心臓は止まっていたということは、
わかってたみたいですが、あえて言わなかった(または、よくわからなかった。)ようで…
(たぶん、すぐ死産と発表されたのでそうだと思います。
だいたいは、胎動がないとかで、妊婦がおかしいと思って、病院にいって気がつくかと…)

政府のほうも、そのことについては触れずじまいだったと思います。
(知らなかったか、わざとかはわかりません。
まあ、奈良県じたいに問題あるとは思いますが…
今まで、大阪府に頼っていたということでね。)


参考までに
「飛び込み出産」 - 時代を読む新語辞典 - ビジネスABC

この方のブログより記事を知りました。
天漢日乗 産科崩壊 「飛び込み出産」を日経BP「時代を読む新語辞典」が取り上げる@9-18→産科未受診妊婦の新生児死亡率は通常の18倍
[PR]
by maron415 | 2007-09-20 15:19 | 天使ママ お産 関連
<< じゅっ!じゅわぁ~じゅわわぁぁ... 11時間 -お腹の赤ちゃんは「... >>