すみません、まとまりのない話になってしまいました。
トラツクバックに遊ばれています。
エキサイトニュースから
トラックバックして記事を書いたのだけど
記事が消えてなくなりました。
(誰のせい、マロンママのせいです。)
しかし、ニュースのトラックバックしたよは消えず…
もし、ニュースから来られた方、すみません…

<代理出産>向井さん夫妻の双子、出生届認める 東京高裁 by毎日新聞

どうなったのかな?と思っていたんですが、
おめでとうございます。

法務省はこれまで
「子供を生んだ女性が法律上の母親になる」
との法解釈をとってきたそうで、
その法解釈では
生んでいない向井さんは母親ではないという結論になりますね。
しかし、
米国の裁判所では親子関係を認められている。
向井さんの場合
夫妻の精子と卵子を体外受精した受精卵を別の女性に移植して出産してもらう代理出産
だったそうで、
遺伝子上は、夫妻の子どもで、

じゃ、
代理出産したことを黙って、
知らん顔して届出だした場合は
実子として通ったのかな?とか思ったり、
(向井さんの場合は、隠すことなどできませんでしたがね)

人工授精?
ドラマ「不信のとき」でもありましたが、
夫でない人の精子て゜すから
夫は遺伝子上父親ではありません。
でも法律上は父親になっているんだろうなと思ったり、
(誰も届け出だすときに言いませんね、実は夫の子どもではないとは)

以前に
もうすでに亡くなっている夫の精子で赤ちゃんを産んだけど
夫の子として認められなかったケースがありましたね。
そのとき、
それにかかわった病院はどうなったのだろうかと思ったり、
(でも、病院は何かあっても責任はとりませんよとかいう承諾書書かせているんだろうな多分)

やっぱり、法律が遅れているんだと思います。
「子供を生んだ女性が法律上の母親になる」
という法解釈が、
人工授精はずいぶん昔からされていたけど
遺伝子上父親ではない事実を知らないふりしてきたんだものね。
ダレガ?法務省? 病院?

マロンママは
前々から
父親が通るなら、母親も通してとか
遺伝子上、父、母なのだからとか
単純に思っていたんですが
そういうわけにはいかないんでしょうね。

参考までに
向井亜紀さんのブログ
を紹介しておきます。

本当にまとまりのない話ですみません。
文章能力?のなさを感じております。

つけたしです。
人工授精というのは、この場合「非配偶者間人工授精」をいっていました。
非配偶者間人工授精とは?

 無精子症などの夫に代わり、第三者の精子を妻の子宮に送り込み、妊娠・出産を試みる不妊治療。国内では1948年に慶応大病院で初めて実施され、1万人以上が生まれたとされる。法的規制はないが、日本産科婦人科学会が97年に独自のガイドラインを作成。学会に登録した医療施設での実施を原則とし(1)戸籍上の夫婦に限定(2)営利目的での精子提供を禁止(3)精子提供者は匿名とし、医師が提供者の記録を保存する-などを定めている。by東奥日報 - 2005年5月9日(月)

[PR]
by maron415 | 2006-10-01 10:11 | 天使ママ お産 関連
<< 月命日です。 「純情きらり」見ています。その6 >>