「新生児重症仮死」 その①
c0079387_16241962.jpg

新生児重症仮死―それでも我が子は百十三日生き抜いた
【著】蓮月 嬰女

「出生時の事故で仮死状態で生まれ、それでも両親の愛と祈りに応えるように、懸命に生きようと頑張ったわが子の軌跡―」
ふとしたきっかけで読んだ本…「誕生死」のように本の中にお母さんの思いが込められていて、泣きながら読みました。

お母さんの腕の中で天国へと旅立った赤ちゃん…いっぱい勇気と希望を与えてくれましたと書いてありましたがまさしくそう…
生きるために戦っている赤ちゃん、赤ちゃんの延命治療中止についても改めて考えてしまいました。
産科選びについても…
くわしくは
新生児重症仮死―それでも我が子は百十三日生き抜いた | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

[PR]
by maron415 | 2006-09-14 08:15 | 天使ママ お産 関連
<< ビーフジャーキー遊び 「+」 「新生児重症仮死」 その② >>